断酒に到るまで、断酒30年戦争

眼からうろこの健康情報.com > 断酒に到るまで、断酒30年戦争

断酒に到るまで、断酒30年戦争

断酒の決断、三度目の正直?(7)

断酒の決断、三度目の正直?(7)

平成二十一年 元旦。福井の方は小雪で薄っすら白化粧である。目覚めは爽快。初夢は幸もなく不幸もなく、普通。別れた女房が荷物を持って先にバスに乗り、私は荷物を地面に落としちゃって、そのバスを慌てて…

スポンサード・リンク


断酒の決断、三度目の正直?(6)

断酒の決断、三度目の正直?(6)

12月20日は、年に一度の中学校同級生の忘年会であった。断酒の決断をしてから、今回は出席しないことにしていた。ところが急遽出席することに変更をした。求人で公立病院の求人の口があったのである。応…

断酒の決断、三度目の正直?(5)

断酒の決断、三度目の正直?(5)

アルコールのとり過ぎの影響は色々な処に現れる。まさかこれがアルコールとり過ぎの影響かと疑ったが、やはりそうである。右足親指の外側が硬くなって、少々盛り上がっている。実は膵臓が弱って硬くなってい…

断酒の決断、三度目の正直?(4)

断酒の決断、三度目の正直?(4)

アルコールのとり過ぎの影響は色々な処に現れる。私の場合、腎臓と膵臓、それから腸である。額にシワが三本ほど深く入っている。もう57歳だから、年齢によるものだろうとタカを食っていたが、実はそうでは…

断酒の決断、三度目の正直?(3)

断酒の決断、三度目の正直?(3)

断酒の決断をして、つくづく良かった、と思うことがあった。右目も左目も目の下にアイバック(眼下のたるみ)が出ている。左目の方がたるみが大きく、腫れぼったいような感じである。『マクロビオティック健…

断酒の決断、三度目の正直?(2)

断酒の決断、三度目の正直?(2)

今は極限の状態に近い処にいる。もう年末である。中学校の同級生との年に1回の忘年会がある。正月の2日は実家だ、久しぶりに兄弟揃って楽しい宴。クリスマスは行きつけの歌謡スナックではしゃぎたい。行き…

断酒の決断、三度目の正直?(1)

断酒の決断、三度目の正直?(1)

今年(2,008年)の三月からマクロビクッキングスクールでカウンセラー養成講座に月1回のペースで通っている。12回のシリーズで、12/16は第11回目であった。テーマはグループカウンセリング。…

断酒、30年戦争(9) マクロビ中先生の処方箋(その2) 甘い野菜のスープ

断酒、30年戦争(9) マクロビ中先生の処方箋(その2) 甘い野菜のスープ

断酒をし始めると糖分の関係から甘い物が欲しくなります。そこで中先生から奨められたのが甘い野菜のスープでした。甘いものと言えば、すぐ思い浮かぶのは砂糖とか甘いお菓子。でも私たちが日頃とっている白…

断酒、30年戦争(8) マクロビ中先生の処方箋(その1) 梅醤番茶

断酒、30年戦争(8) マクロビ中先生の処方箋(その1) 梅醤番茶

グループカウンセリングの個別相談でのマクロビ中先生からの処方箋は、・梅醤番茶(起きたとき)・甘い野菜のスープ(PM3時~4時頃のお腹のすいたとき)・良く噛むこと、一口200回良く噛むことの効用…

スポンサード・リンク


☆守りたい、家族の健康!私たちの命が危ない!☆

便利な食生活に欠かせない食品添加物……でも、食品添加物には見えざる危険が潜んでいます。
アレルギーや喘息、ガン、子供のキレ等の原因の全てが食品添加物にある訳ではありませんが、 一役も二役も買っているのは事実のようです。

赤色X号などタール系色素にはすべて、発ガン性や 催奇性の疑いがあり、北欧では禁止されているタール色素が、 日本では11種も使用されています。


特に育ち盛りの子供さんには、その影響が懸念されます。

私のメールマガジン
「超危険!食品添加物が子どもに与える危険性と解決策」
に無料登録して頂けると、
特別レポート『超危険!食品添加物ベスト10』
を無料で差し上げます。

特にお子様がいらっしゃる方は、是非、ご覧ください。



■このサイトを購読する

このサイトを購読(RSS 2.0)
このサイトを購読(ATOM 2.0)



デイトレードとは