腸の仕組みについて

眼からうろこの健康情報.com > 腸の便秘が万病の元  »  腸の働きと排便の仕組み > 腸の仕組みについて

腸の仕組みについて

□腸の健康と体の健康は密接な関係にあります□ 

腸は、食べたものを消化し、必要な栄養素に変換して体に吸収することを助ける大事な臓器だからです。

体の排泄物の75%は便として出ていきます。 

便秘などで腸の調子が悪いと体全体に活気がなくなり、逆に調子がいいと溌剌とした毎日を送ることができます。

そんな腸を、あなたはいたわっていらっしゃいますか?

shoukaki01.jpg

1. 食道  2. 胃  3. 十二指腸  4. 小腸  5. 盲腸  6. 虫垂  7. 大腸  8. 直腸

□腸の構造□

腸は消化管の胃と肛門の間の部分で、十二指腸から始まって肛門に終わる全長約7~9mの管で、その構造と働きから、大きく小腸と大腸に分けられます。

そして、

・小腸は十二指腸、空腸及び回腸
・大腸は盲腸、結腸及び直腸

に分けられます。

小腸は長さが約5~7mあり、腹腔の中の大部分を占め、食物の消化と吸収はほとんどここで行われます。

大腸は小腸より直径が大きく、長さ約1.5mの管で、水分はここで吸収され、固形の老廃物が排出されます。


〇小腸

小腸は、腹腔の中央で渦をまいていて、3つの部分に分けられます。

小腸の上部は、胃の下部で口を開いている幽門から始まります。

ここから胃の内容物が十二指腸に送りこまれます。

十二指腸は馬蹄形をしています。

小腸の中央部が空腸で、最後に回腸が大腸の最初の部分の盲腸につながっています。

小腸の内側の粘膜は、消化吸収をするのに適した構造になっており、絨毛(小さな粘膜の突起)がおおってひだをつくっています。

絨毛の中には、小さなリンパ管や毛細血管が数多くあります。

絨毛のつけ根には腸腺が口を開いていて、小腸の消化に必要な酵素を出します。


〇大腸

大腸は、盲腸、結腸(上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸)、直腸に分けられます。

盲腸は右側の腹腔下部にある袋で、虫垂(細長い虫のような部分)と回盲弁で食物が小腸から大腸に送られるのを調節し、有毒な老廃物が大腸から小腸へ逆流するのを防いでいます。

上行結腸は腹腔の右側を上がり、横行結腸は体を水平に左側へと向かい、そこから下行結腸がさがって行きます。

S状結腸は大腸のS字形の部分で骨盤内にはいっています。

直腸は長さ約15cmのほぼまっすぐな管で、大腸の最後の部分となっています。

直腸の出口は肛門で、ここには肛門括約筋というまるい筋肉があって肛門を閉じています。

大腸の内側はなめらかな粘膜におおわれ、粘膜は粘液を出して老廃物をすべりやすくしています。

腸全体は、腹腔内を動かないように腸間膜という膜で固定されています。

スポンサード・リンク


関連記事

  1. 腸美人の秘訣、腸内環境と善玉菌、悪玉菌について
  2. 大腸の働きと排便のメカニズム
  3. 小腸の働き
  4. 腸の仕組みについて

TTBレート